スペイン名物のタパス/ピンチョスを知って食べて、もっと楽しいバル時間を!

by Yuki Sakaguchi
タパス/ピンチョスの起源とは?

タパスの”tapa”という言葉はアンダルシア地方の言葉に由来しています。現在ではスペイン全土で使用されるようになった言葉で、まさにスペイン料理を表現する言葉の一つとも言うことのできる言葉です。タパスとは、バルにおいて、お酒などの飲み物と一緒に楽しむおつまみのような前菜の位置づけの小皿料理のことをいいます。

古くは、家庭においておもてなしの礼儀の一環として、お酒などの飲み物をお客様へふるまうにあたり、塩分が多く喉が乾くことによってお酒をたくさん勧めやすくするためにあった習慣でしたが、現在ではそのような使われ方はされず、バルなどにおいてお酒などの飲み物を注文するとおつまみとして出てくる小皿料理という定義へと変化しました。

よって、お酒などの飲み物がなくてタパスはある、もしくはタパスはないけれどもお酒などの飲み物はあるという組み合わせが不可能な程、両者は非常に密接な関係にあります。

また、このタパスの”tapa”という言葉はスペイン語の”tapar(蓋をする)”という言葉に由来しています。タパスは薄くカットしたフランスパンを伴うことも多く、このフランスパンをワイングラスの上に蓋のようにして被せて使用することにより、ハエなどの虫やホコリがグラスの中に混入することを防ぐ役割もかつては風習として存在したとされています。

ピンチョスは現在では広くスペイン全土に普及していますが、その起源はバスク地方にあります。ピンチョスはスペイン全土においてはpinchosという表記、オリジナルのバスク語表示においてはpintxosという表記になります。

ピンチョスはタパスより歴史は浅いものの、バスク地方において瓶詰め食材を串に刺して提供したのが始まりと言われていたり、タパスをアレンジする形でバスク独自の食材も合わせて使用し広まっていったものとも言われています。このピンチョスという言葉には”串”という意味があり、そのためにピンチョスは串に刺さった状態で提供されるもののことをいいます。バスク地方の中でも特にサンセバスチャンは、バルをハシゴしながらピンチョスを食べ歩くことで非常に有名な街であるため、多くの有名なバルがひしめき合っています。

タパスとピンチョスの違いとは?

タパスとピンチョスはどちらも似たようなものに感じられるかもしれません。しかし、両者にはそれぞれ特徴があり、違いがあります。

  • 全般的にタパスはナイフとフォークを使って食べることが多いですが、ピンチョスは必ずしもそうではありません。

  • タパスは大皿料理を小さくしたような印象です。煮込みシチューなどのお料理もタパスとなると小皿で小さく盛られて提供されます。大皿に作られた料理でも一人分の量にして提供するというような印象です。その反面、ピンチョスはお取り分けができるような料理形態ではありません。例えば、小さなクリームパイ1つであったり、薄切りにしたフランスパンにポテトサラダやアンチョビを上にのせトッピングしたという感じで、串で刺された状態で提供されます。

  • 伝統的に述べると、ピンチョスは立ったままの状態で立ち食いをするイメージで、タパスはお席に着席していただくというイメージです。

  • スペインにおいてピンチョスは軽くつまむというイメージで、タパスはそれよりもつまんで尚且つ食事もするというイメージで区別されることもあります。

  • ピンチョスはタパスとは異なり、バルのカウンターに種類ごとに並べて展示されていることが多いため、その盛り付けや見た目の美しさも集客につなげる大きな要素となります。

無料で食べられるタパスとは?どこにあるの?

スペインの一部の都市においては、お酒などの飲み物を注文するとタパスが1つ無料で提供されるというシステムを採用しています。バスク地方におけるピンチョスの文化にはこのようなシステムはなく、注文したピンチョスには全てお金を支払う必要があります。

タパスを無料で提供するシステムがある都市は現在スペインに10都市あります。1つのバルで飲み物を注文し、無料のタパスを食べ、次のバルに行き飲み物を注文し、無料のタパスを食べ…と何軒もハシゴする食べ方が一般的です。このことからスペイン語には”tapear(タパスをつまみ店をハシゴする)”という言葉があるくらいですから驚きです。

それにしても、飲み物と一緒にタパスが無料でいただけるとは嬉しいですね!スペイン旅行の際には是非色々なバル巡りをしてみたいものです!

<タパス無料10都市一覧>

1. Granada(グラナダ)
→1杯の飲み物にも手の込んだタパスが提供されることで有名です。Calle Navas, La Calle Elvira, Plaza Nueva周辺がオススメ。

2. Almería(アルメリア)
→2019年にヨーロッパ美食首都に選出されたアルメリアは、他のスペインの美食都市に肩を並べるグルメな街へと進化しています。

3. León (レオン)
→街の中心部のバルで1.20€の少量の飲み物に対しても無料のタパスが提供されます。

4. Jaén(ハエン)
→タパスの大きさがXLサイズのボリームであることが有名です。


5. Alcalá de Henares(アルカラ・デ・エナレス)
→世界遺産に登録されるこの街もバルでのタパスは無料です。気前よくボリュームはもとより良質なタパスを無料で提供してくれるところも多いです。


6. Segovia(セゴビア)
→子豚の丸焼きで有名なセゴビアでもバルにおけるタパスは無料です。飲み物に合ったタパスを提供しています。


7. Santiago de Compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)
→サンティアゴ巡礼の終点であるガリシアの首都であるこの街でもタパスは無料で提供されます。トルティージャやムール貝のタパスも無料で提供されることで有名です。


8. Ávila(アビラ)
→暑いこの街のバルも飲み物に対してのタパスは無料です。お食事の後には城壁のお散歩もオススメです。


9. Salamanca(サラマンカ)
→サラマンカ大学があることからも学生の街として栄えるサラマンカ。全てのバルが無料でタパスを提供するわけではないので注意が必要です。Café Real, Bambú Restauranteにおいては無料タパスが楽しめます。


10. Lugo(ルーゴ)
→無料タパスだけではなく、生ビール (caña:カニャ)が安価なことでも有名な街です。

バジャドリッド (Valladolid) 国際タパスコンクールとは?

毎年行われる恒例行事で、世界中から集まったシェフたちが手の込んだタパスを作ります。コンクール開催期間中は実際に市内のバルにおいて、コンクールに出品されるのと同じタパスが提供されるという魅力的なイベントです。

このコンクールでは、毎年大変見た目にも味にも美しく美味しいタパスが誕生しており、そのクオリティはもはや芸術品と呼べる程。公式ホームページでは過去に賞を獲得した美しいタパスの写真を見ることができます。