Autor: Comete Espana

II World Paella Day CUP

2021年9月20日の「世界パエリアデー」にあたり、「世界パエリアデーカップ」(主催:世界パエリアデー運営委員会)が開催されます。日本で展開するスペインレストランの皆様、是非ご応募ください

「世界パエリアデー」は、国際的に知られる美食の一品となったバレンシアの郷土料理「パエリア」を、世界中の人々と共有する日として2018年に制定されました。本年は、同記念日の一環として、世界中からシェフの応募を募り、最も優れたパエリアシェフを決定する「世界パエリアデーカップ」が実施されます。

「世界パエリアデーカップ」に関する応募と選出方法の要約は、下記1~3の通りです。 応募規約全文は別添「BASES_WPD2021_ENG」をご参照下さい(英語)。

  1.  参加を希望される方は、履歴書(英語またはスペイン語)と自己PR動画(最大59秒)を電子メールで送付。 動画内では、自己アピールのほか、①シェフとしての経歴、②国名、③参加を希望する理由についてもお話し下さい。

    言語:英語またはスペイン語
    宛先worldcup@worldpaelladay.org
    締切:2021年7月12日(月)(スペイン時間)
     
  2. 世界パエリアデー運営委員会が全ての動画を選考後、優れた動画を同委員会公式WEBサイト( www.worldpaelladay.org )で一般公開し、オンラインの一般投票でファイナリスト8名を選出。
     
  3. ファイナリストに選出された8名のシェフは、9月20日(月)スペインのバレンシアへ招待されて決勝戦に参加。

【公式WEBサイト】
https://worldpaelladay.org/?page_id=684&lang=en

本イベントの参加申し込みは、運営委員会へ直接ご送付をお願いいたします。
また、その際は、参加されるシェフをスペイン政府観光局のSNSで広報いたしますので、弊商工会議所へもご一報いただけますと幸いです。

日本を代表するパエリアシェフとして世界の舞台で闘う機会ですので、奮ってご参加下さい!

Entrevista a Eneko Atxa, Chef 5 estrellas Michelin

1.なぜ日本にレストランをオープンすることに決めたのですか?

食事とは何かについて、私たち(スペイン)が考えるものと彼ら(日本)が考えるものとの間には、大きな類似性があります。両国ともに、単なる摂食という概念をはるかに超えた存在であり、限りなくシンボルや儀式になっているのです。テーブルは単に物体ではなく、アイデアや重要な経験が交換され、文化的に成長し、楽しむ場として機能しています。

日本人とスペイン人は、畑や海、そしてより現代的な視点を捨てずに前世代が残してきた美食の遺産に対して、感受性を共有しているのです。

2.「Azurmerdi(アズールメルディ)」という名前の由来は何ですか?

Azurmerdi(アズールメルディ)は私の母の姓です。世界のほとんどは私を「Eneko Atxa(エネコ・アチャ:父方の姓)」として知っていますが、私は父と母、そして母はいつも側にいるかのように大切な存在でした。メインレストラン(nuestra casa madre)に母の苗字を使って名付けることができたのは、母への素晴らしい敬意であると思います。

3.日本には世界で最もミシュランの星を持つ都市(東京)があり、トップ5に3つの都市(東京、大阪、京都)があることをご存知ですか?

驚きませんね。人口や味覚的要因、優れた食材、そして何よりも優秀というほぼ思い込みを続けていくことが、最終的に、このような国がミシュランガイドで高評価を得ており、理にかなっているのでしょう。私はミシュランガイドが世界で最も重要なガイドだと思っています。

4.なぜ日本は美食と食の復興にこれほどの情熱を持っていると思いますか?

ひと口が単なるひと口ではないのです。ひと口が領土の一部、文化の一部を食べ​​ることであり、彼ら(日本人)はそれを完全に解釈し、その限界まで連れていってくれるのです。その点で、日本人は私たちスペイン人によく似ています。

そして、それが彼らが食の復興への情熱を持つ理由でもあります。1つは誇りの源であり、2つ目はその文化の重要な部分として完全に同化しているのでしょう。

さらに最近では、国の美食も国際観光にとって非常に魅力的なポイントであると気付き始めています。

5.スペインから離れている間、最も恋しいスペイン料理、飲み物、食材は何ですか?

また好きなスペイン料理や日本の食べ物は?

単一の食材または食品を選択するのは非常に困難です。美食が文化である以前に話したなら、美食は私たちが誰で、どこに住んでいるかを語る普遍的な言語であり、この普遍的な言語には多くの方言があることも理解しなければなりません。これらの方言は素晴らしい料理のスタイルであり、これらのスタイルの中でも非常に多様な食品や料理に出会えるのです。その地理的制限を国全体に広げて想像してみてください。

一方で、スペインと日本には非常に異なる流行と無限の食品を持ち、極めて顕著な4つの季節があります。私には単一の食品を選べないのです。

6.料理/レシピで使用され、シェフとして私たちを向上させるアドバイスや秘密を教えてください。

秘密はほとんどありません。持続性、粘り強さ、情熱、それらを失わないこと。毎日やること全て、学ぶべきこと全て、そしてここにいる人々が最も大切なことだと感じてください。つまり、料理を数千km離れた場所に持ち運ぼうとすると、最初にやらなければならないのは組み立てです。そこで何が起こるのか、どのように調理されるのか、何が好きなのかを理解してから、自分の料理がどのカテゴリに収まるか、好きになってもらえるか、価値を出すことができるかを見ていきます。とりわけ、物事に価値を与えようとし、新しい画期的でグローバルなモデルを発明しようとするのではなく、ローカルで普遍的な何かを作るべきなのです。

スペイン産豚肉キャンペーン、「美食の国が育んだ、スペインポーク」を展開開始

スペイン大使館経済商務部、 スペイン産豚肉キャンペーン、「美食の国が育んだ、スペインポーク」を展開開始 スペイン大使館経済商務部(商務アタッシェ:フェルナンド・デル クボ、東京都港区六本木 1-3-29)は、スペイ ン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン、「美食の国が育んだ、スペインポーク」を 2019 年 7 月 から数年間の予定で実施します。

これは、スペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であるこ とから、スペイン豚肉セクター最大の非営利団体、INTERPORC(スペイン白豚肉生産加工産業の専門職間連携 団体:以下、インターポーク)と協働で、日本市場におけるスペイン産豚肉のプロモーション強化を目的に展開するも のです。 スペイン大使館経済商務部商務アタッシュのフェルナンド・デル クボは、「スペイン産豚肉は品質が高く、中でも白豚 肉は価格競争力があり、業界関係者からの引き合いも多い。ただ、普及してきている割には消費者に知られていない。

欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の関税率引き下げが追い風となっている今、本キャンペーンを通じ て、需要増につながると期待している」と述べています。「今回協同するインターポークは、約5年前より、日本において トレードショー参加や、ハモンセラーノのカッティングセミナーを通じて、業界関係者に向けて、スペイン産白豚肉の魅力を 伝えてきた。今回、本格的にキャンペーンを展開することで、安全且つ美味しいスペイン産白豚肉の魅力を業界および 消費者に伝えていきたい。」

Eneko Atxa, The Sustainable Harmony

ミシュラン3つ星レストラン「Azurmendi***」オーナーシェフ、エネコ・アチャ来日公演!:”サスティナブル” なレストランの実践を目指して

スペイン、バスク地方にあるミシュラン3つ星レストラン「Azurmendi」は、エネコ・アチャの理念の基本柱であるサステナビリティ(持続可能性)を第一に考えて誕生し、建設されました。Azurmendiでは、「エネコシステム」のもと、環境に配備した様々な取り組みが実施されています。 例えば、暖かいあるいは冷たい空気を通す開閉式のよろい板を採用した地熱システムにより、屋内の温度を自動的に調節できるインテリジェントビルの建設。CO2排出量削減のため、独自の物流センターからAzurmendiで消費するモノの配送は、トラック1台で、1日1回のみとする。生産物のすべてをAzurmendiに納入している農家を含め、すべてのサプライヤーにエネコのオーガニックフィロソフィーに沿ったモノづくりを徹底してもらう。生ゴミは毎日リサイクルしてコンポスト化した後、肥料センターに運んで活用する。一年中雨水をためてリサイクルする、など。こうしたエネコの取り組みが評価され、AzurmendiはThe World’s 50 Best Restaurantsで「世界で最も持続可能性の高いレストラン」にも選ばれています。 そのAzurmendiのオーナーシェフ、エネコ・アチャが待望の来日!サステナビリティをテーマに講演いただきます。貴重な機会を是非お見逃しなく!

エネコ・アチャ・アスルメンディ:1977年9月14日、バスク地方ビスカヤ県アモレビエタ=エチャノに生まれる。地元のホテル学校を卒業後、<マルティン・ベラサテギ><ムガリツ><アサドール・エチェベリ>などバスク地方の名店で修業。2002年、25歳で第3回スペイン若手料理人選手権優勝、2005年に27歳で独立し、自身がシェフを務めるレストラン「Azurmendi(アスルメンディ)」を開業。2012年、当時スペイン史上最年少の35歳で三ツ星を獲得。以後、6年連続で三ツ星を保持し、天才料理人として世界の注目を集めている。その味はもちろんのこと、地域の農家との協力やエコに配慮した料理づくりなどが高く評価され、「世界のベストレストラン50」にも度々選ばれている。

ご来場の皆様には、ソラン・デ・カブラス様のご厚意により、スペインのフレッシュウォーターをお楽しみいただけます。ソラン・デ・カブラスについてはこちらをご参照ください。

XIRINGUITO @ Transit Wine Fes 2019

私たちの認定レストランメンバーの1つ「XIRINGUITO Escriba」は、8月25日(日)に南青山のShare Greenで「Transit Wine Fes 2019」に参加します! 世界最高峰のワインから希少なワインまで、幅広いセレクションのワインをお楽しみいただけます。 もちろん、バルセロナ直伝のレシピで作る最高のパエリアやスペイン料理もお楽しみいただけます。 【イベント概要】 「Transit Wine Fes 2019」 日時:8月25日(日) 12:00〜18:00 場所:東京都港区南青山1-12-32 詳しくはイベント名「Transit Wine Fes 2019」で検索してみてくださいね!

Cómete España en Japón – CEJ

在日スペイン商工会議所(SpCCJ)は、スペインの食文化や風習の啓蒙、スペイン料理やスペインレストランの普及促進を目的とし、新たなプロジェクト “Cómete España en Japón(CEJ)”を立ち上げました。

このプロジェクトでは、ご応募いただいたレストランを、いくつかの審査基準に基づいて評価致します。見事審査をクリアしたレストランは、認定書の贈呈の他、特設サイトへの情報掲載やSNSでのプロモーションにご参加いただけます。年間を通して、本プログラムのスポンサー企業や専門家たちとの試飲会や試食会、セミナーやワークショップなど、レストラン業界の皆様にスペイン食材をより身近に感じていただけるようなイベントの開催も計画しております。

このプロジェクトを通し、スペインレストランやバル、輸入業者や販売業者、生産者、そして消費者全てを繋ぐプラットフォームを構築することで、皆様に最新情報をお届けし、スペイン食品、レストラン業界全体のさらなる活性化をサポートします。

Site built by Pipe&Co